美術館で白い本気汁を恥ずかしいほど垂れ流す敏感娘 – アダルトビデオ動画 – 無料

続きをみる





















人気の「図書館シリーズ」スピンオフ企画!新たなる狩り場は静寂に包まれた美術館!!物陰で女子校生やそこで働く受付嬢の胸や股間を触りまくる男。拒みながらも感じてしまう女は、周りを気にしながら喘ぎ声を漏らす。やがて挿入されそうになると身体が震えるほど反応をし、びしゃびしゃに濡れた股間からは精液よりも白い本気汁が溢れだす。


tokyo-hot
★★★★★
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


意味がない
眼鏡っ子からメガネ外すとか何考えてんですか
まったく意味ないじゃないですか
図書館シリーズのスピンオフ企画
美術館という事で、実際に絵画や彫刻像が展示されており雰囲気があります。少なくとも冒頭のロケ地は本物の美術館なのでは。版画体験教室を合間に挟んだりするのも面白い試み。
タイトルに白い本気汁とありますが、その写実が本作の特徴の一つ。ダラリと股間から白濁した体液を垂れ流す(恐らくは仕込み)。
図書館シリーズとは内容に大差が無く、静寂の中で前戯・絡みに励む。たまに人が近寄る事も一緒。イタカ監督特有の執拗な、クローズアップ多用カメラワークは健在。
表紙の1人目は板野有紀。巨乳女子高生の4人目は桜咲ひな。受付嬢の5人目は、さとう遥希。さとう遥希はオーバーアクションで空回りした、エビ反り薬漬けエステ2よりも良い。本作では本来のポテンシャルを発揮している。
一方で女優起用の偏りが目に付く。そろそろ、あっと驚く女優の御登場も願いたい。
やはり素人に近い娘は良い
最大の売りは3人目かな?
女子高生風のお嬢さん。
別に美人じゃなくて、まあまあってとこですが、足が綺麗。
まだまだ慣れてないようで、
触られ方によって素直に太ももが感じてる(ピクピクですな)のでGOOD。
イタカ監督、最近今一と思ってましたけど、やはり侮れませんなあ。
いい感じ。
おっ、今度は美術館か、、って思いましたが、
ほんとに美術館っぽいところで撮ってるのがすごいですね。
学生の展示コーナーとか、喫煙所とか、いろいろ利用されてます。

女優さんは、高校生役の子はみんな制服似合ってて良いですね。
好みで、最初の子がかわいくてよかったです。
つるっとしてるのも、イメージ合ってて。

タイトルにもなってる、白い本気汁っていうの、
ちょっと作為的なのが気になりましたが、
おしっこみたいな潮吹きよりは、こういう方が好きかも。

最後は受付のお姉さんでしたが、
受付のカウンター下でいじられるのが面白かった。
なかなか良いな
図書館シリーズの美術館バージョンですね。
一人目のバケ写の娘が可愛くて友達にバレそうになる設定も良くて抜けました。
一人くらいは中出しがあるともっとよかったなぁ。
これもシリーズ化してください。

板野有紀/有本紗世/篠宮ゆり/桜咲ひな/さとう遥希。。。。。。。。。。。。。。。
メインはさとう遙希
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
オススメはラスチャプの「さとう遙希ちゃん」です。
一番のヌキチャプです。
受付嬢役ですが、今作唯一のスーツ姿(制服?)。
従業員専用のエレベーターに強引に乗り込み、痴漢開始。
必死に抵抗する遙希ちゃん、エレベーターから降りると、すぐそこには美術品を観覧する客が。
声を押し殺して指マンに耐えるが、潮吹きは健在。
受付に戻るも、隙を見て再び男がカウンター内に入り込み、指マン。そこに客が来るが、カウンターの下に隠れながら、再び指マン、客に応対しながら、思いっきり潮吹き「ビチャビチャ」という音に客が「大丈夫ですか?」と聞くぐらいの音が響く。閉館準備中に再び襲い掛かり、ようやく本番。
最後はしっかり顔射フィニッシュ。
急いで逃げる男に館内を見回っていた警備員に声を掛けられ「閉館ですよ!」と後ろから追いかけられながら、逃げる所がちょっとリアルかな。
中々面白い
静かな場所で声を我慢しながらSEXするのが素晴らしい。わざとらしい演技もないし、女優の微妙な表情の変化を確認出来るのも良い。
出来れば次回以降はロリ系以外も揃えて欲しい。あとは静かなシチュエーションをどれだけ守れるかだと思う。