馬乗り腰振りイキまくり五十路・六十路お婆ちゃん生中出し!! – アダルトビデオ動画 – 無料

続きをみる





















気持ち良いこと大好きなお婆ちゃん達が過激な腰使いで男達を翻弄する騎乗位撮りおろしオムニバス!!フル勃起して直立状態になったチンポに自らオマンコを挿入させる優越感!ぐりぐりと腰を動かし男から漏れ出る喘ぎ声を聞く喜び!膣奥の子宮口に何度も何度もチンポが当たる度に腰使いが激しく淫らになってゆく!根元まで丸呑みにされたチンポ、お婆ちゃんのえげつない腰振りに男の我慢は限界を超えオマンコに生中出しする!!


Pink Peach Purine
★★★★★

「印象に残る紅白歌合戦 歴代司会者」


宮田清子/閲覧:2475回/回答:1回
「印象に残る紅白歌合戦 歴代司会者」
1 1951 加藤道子 藤倉修一
2 1952 丹下キヨ子 藤倉修一
3 1953 本田寿賀 宮田輝
4 1953 水の江滝子 高橋圭三
5 1954 福士夏江 高橋圭三
6 1955 宮田輝 高橋圭三
7 1956 宮田輝 高橋圭三
8 1957 水の江滝子 高橋圭三
9 1958 黒柳徹子 高橋圭三
10 1959 中村メイコ 高橋圭三
11 1960 中村メイコ 高橋圭三
12 1961 中村メイコ 高橋圭三
13 1962 森光子 宮田輝
14 1963 江利チエミ 宮田輝
15 1964 江利チエミ 宮田輝
16 1965 林美智子 宮田輝
17 1966 ペギー葉山 宮田輝
18 1967 九重佑三子 宮田輝
19 1968 宮田輝 水前寺清子 坂本九
20 1969 宮田輝 伊東ゆかり 坂本九
21 1970 美空ひばり 宮田輝
22 1971 水前寺清子 宮田輝
23 1972 佐良直美 宮田輝
24 1973 水前寺清子 宮田輝
25 1974 佐良直美 山川静夫
26 1975 佐良直美 山川静夫
27 1976 佐良直美 山川静夫
28 1977 佐良直美 山川静夫
29 1978 森光子 山川静夫
30 1979 水前寺清子 山川静夫
31 1980 黒柳徹子 山川静夫
32 1981 黒柳徹子 山川静夫
33 1982 黒柳徹子 山川静夫
34 1983 タモリ 黒柳徹子 鈴木健二
35 1984 生方恵一 森光子 鈴木健二
36 1985 千田正穂 森昌子 鈴木健二
37 1986 吉川精一 目加田頼子 千田正穂
38 1987 吉川精一 和田アキ子 加山雄三
39 1988 杉浦圭子 和田アキ子 加山雄三
40 1989 松平定知 三田佳子 武田鉄矢
41 1990 松平定知 三田佳子 西田敏行
42 1991 山川静夫 浅野ゆう子 堺正章
43 1992 山川静夫 石田ひかり 堺正章
44 1993 森田美由紀 石田ひかり 堺正章
45 1994 宮川泰夫 上沼恵美子 古舘伊知郎
46 1995 宮本隆治 上沼恵美子 古舘伊知郎
47 1996 宮本隆治 松たか子 古舘伊知郎
48 1997 宮本隆治 和田アキ子 中居正広
49 1998 宮本隆治 久保純子 中居正広
50 1999 宮本隆治 久保純子 中村勘九郎
51 2000 宮本隆治 久保純子 和泉元彌
52 2001 三宅民夫 有働由美子 阿部渉
53 2002 三宅民夫 有働由美子 阿部渉
54 2003 武内陶子 有働由美子
膳場貴子 阿部渉
高山哲哉
55 2004 堀尾正明 小野文恵 阿部渉
56 2005 みのもんた
山根基世 仲間由紀恵 山本耕史
57 2006 三宅民夫
黒崎めぐみ 仲間由紀恵 中居正広
58 2007 松本和也
住吉美紀 中居正広 笑福亭鶴瓶
59 2008 松本和也
小野文恵 中居正広 仲間由紀恵
60 2009 阿部渉 仲間由紀恵 中居正広
61 2010 阿部渉 松下奈緒 嵐
62 2011 阿部渉 井上真央 嵐
(敬称略)
個人的に印象に残るのは
16回 1965年 林美智子さんです。
かなり張り切っておられて 少し過激でした。
江利チエミ さん 水前寺清子さん 上沼恵美子さん
和田アキ子さん 加山雄三 さん等も それなりに面白かったです。
35回 1984 年 生方恵一さん 森光子さん 鈴木健二さんの回。
都はるみさん引退の回 これが一番面白かったですね、
色々あって・・・。
あなた様の雑感などお聞かせ下さい。
★再放送で観た物が多いです。
いくら好きでも全部観ているわけでもありません。
補足珍しく名前を挙げて頂いた
私の大好きな「伊東ゆかりさん」。
ゆかりさんはもう責任の重大さに 目一杯で
知っている人に 助けて欲しい気持ちがあったのではないでしょうか?
九ちゃんの余裕一杯の司会ぶりとは好対照でした。


ベストアンサー


1969年、伊東ゆかりさんはオープニングで親しい歌手とそうでもない歌手との温度差・距離感がもろにあったように見えました。
1972年、宮田輝さんは石橋「正次」さんの名前を曲紹介でしっかり度忘れしていました。
どれもポイントとして印象的なシーンです。
林美智子さん(全部見てないですが)もそうで、今年もですが、朝ドラヒロインの司会はちょっとね…と。それと、嵐が今年も司会ですが、やっぱり一人で立って欲しいのが本音です。
歌手兼司会同士の初めての組み合わせだった九ちゃんとチータ、平成では堺正章さんと浅野ゆう子さん、これらの回も楽しかったです。
補足読ませていただきました。
1969年のこと…ゆかりさんは私も好きな歌手の一人なので、司会ぶりはどうだったんだろうと興味がありました。確かにそうですね、特にミエさんとかピーナッツに近づくと、余計助けてもらいたくなったかも…。九ちゃんは、前年の経験を生かしてましたね。あと2~3回白組司会のお姿を見たかった気もしますが、当時の現状を思えば仕方ないですね。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

紅白といえば嵐


宮田清子/閲覧:37回/回答:1回
紅白といえば嵐
というのが国民に定着していますが
赤組ではだれでしょうか?


ベストアンサー


紅組は、中村メイコと水前寺清子。
白組は、高橋圭三と宮田輝。
嵐? 月曜日です。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

歴代の「NHK紅白歌合戦」紅組司会者で印象に残ってる方といえば


宮田清子/閲覧:464回/回答:2回
歴代の「NHK紅白歌合戦」紅組司会者で印象に残ってる方といえば
誰ですか?
ちなみに私は浅野ゆう子さんと上沼恵美子さんです。
この2人のしゃべりや進行の上手さには感心しました。


ベストアンサー


歴代の司会者で印象に残っている人は。
①松平定知NHKアナウンサー
②宮田輝NHKアナウンサー
③阿部渉NHKアナウンサー
④美空ひばり
⑤水前寺清子
⑥タモリ
ちなみに僕の母は昭和50年代のRKK熊本放送に勤めていた時に「素人の時代」のタモリさんが来局して、廊下で会っているんだけど・・・・・・・・。
それで、タモリさんは当時僕の母が持っていたブタの絵柄のバックにサインをして下さった方で、母はタモリさんに会った時の印象を「とても腰の低い方だったのよ。」とフジテレビの「笑っていいとも!!」が終了発表と同時に明かしてくれました。
それと水前寺清子さんは歌手だけではなく司会者としても優れた人ですよね。
僕は以前NHK紅白歌合戦の特集で「水前寺清子さんは司会者として上手い方だな。」と感心しました。
ちなみに僕の父親と兄、父親の兄はNHKのアナウンサーです。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

紅白で昔紅が強かった理由は何でしょうか?


宮田清子/閲覧:178回/回答:1回
紅白で昔紅が強かった理由は何でしょうか?
白組優勝続きで食傷する意見もありますが、かつては紅組が4つも勝ち越すなど、紅組優性の時代があったのも事実です。
特に昭和40年代(1965~1974年)は7勝3敗と圧倒し、1979~1985年にかけても5勝2敗と大きくリードしていました。1992年~1997年にかけて1勝5敗と失速するまでは、明らかに紅優勢だったと思います。
ジャニーズ系アーティストは80年代には出ていましたし、当時の紅組に白組を凌駕するほどの大物歌手が大勢いたかといわれても疑問符ですが、昔は紅組優位だった理由は何でしょうか?


ベストアンサー


優勝した年の紅組司会者
1966年第17回ペギー葉山
1967年第18回九重佑三子
1969年第20回伊東ゆかり
1970年第21回美空ひばり
1972年第23回佐良直美
1973年第24回水前寺清子
1974年第25回佐良直美
ペギーさんと九重さんは、NHKから司会専任でオファー。
第20回を除き、白組の司会は宮田輝アナウンサー。宮田アナは、司会が上手すぎて、アンチも多かった。
とくに第21回は、ゲスト出演した小沢昭一さんまで『ひばり応援団』、宮田包囲網で紅組の優勝。
1979年第30回は、ひばりが特別出演。ミリオンセラー『夢追い酒』渥美二郎、『北国の春』千昌夫、人気絶頂だった西城秀樹、沢田研二、ツイスト、サザンオールスターズ、ゴダイゴが束になっても、勝てないですね。
1984年第35回が、都はるみの引退(のちに復帰)で、ミソラ発言。 1985年第36回は、森昌子の引退(のちに復帰)、ひばりに歌唱指導されていた昌子。
出場してもしなくても、良い意味でも悪い意味でも、昭和の紅白=美空ひばりなんです。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

紅白歌合戦の司会って女性司会者は○年連続ってのは何故出来ないんですか?


宮田清子/閲覧:511回/回答:3回
紅白歌合戦の司会って女性司会者は○年連続ってのは何故出来ないんですか?
嵐や過去だとSMAPの中居正広は○年連続司会をしてます。
朝ドラをその年にやった女優しか司会は出来ないの?
堀北真希や井上真央などの女優がまた紅白歌合戦の司会する事はないのでしょうか?


ベストアンサー


4回連続
佐良直美
1974~1977年第25回~第28回山川静夫アナウンサー
黒柳徹子
1980~1982年第31回~第33回山川静夫アナウンサー
1983年第34回鈴木健二アナウンサー
3回連続
中村メイコ
1959~1961年第10回~第12回高橋圭三アナウンサー
久保純子
1998年第49回中居正広
1999年第50回中村勘九郎
2000年第51回和泉元彌
有働由美子アナウンサー
2001~2002年第52回~第53回阿部渉アナウンサー
2003年第54回阿部渉アナウンサー、高山哲哉アナウンサー
見てのとおり、白組の司会を通算11回担当した、ミスター紅白・宮田輝アナウンサーと3回連続でコンビを組んだ紅組の司会者はいない。
宮田アナとの相性の問題があって、連続は難しかった。とくに、1973年第24回は佐良が内定していたが、宮田は難色を示し、水前寺清子が司会。この事件さえなければ、佐良が6回連続となっていたはず。参考資料・合田道人著「紅白歌合戦の舞台裏」
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

2016NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表されましたが、


宮田清子/閲覧:642回/回答:3回
2016NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表されましたが、
視聴率や過去の紅白にまつわるエピソードなどありましたら
お聞かせ下さい。


ベストアンサー


紅白の歴代視聴率
【1位】 81.4% / 1963年(昭和38年)第14回
紅組司会:江利チエミ、白組司会:宮田輝。東京宝塚劇場より中継
された。
瞬間最高視聴率は五月みどりによる「一週間に十日来い」歌唱時の85.3%。
北島三郎が初出場。
【2位】 80.6% / 1972年(昭和47年)第23回
絶大な人気を誇り初出場を果たした天地真理が紅組トップバッター
の大役を務めた。美空ひばりは10年連続で紅組トリ(6年連続大トリ)
を務めた。
【3位】 80.4% / 1962年(昭和37年) 第13回
この年より視聴率調査がスタートする。
ビデオリサーチ社による紅白初のテレビ視聴率調査でいきなり80.4%
を記録する。司会に宮田輝アナと森光子を起用。
【4位】 78.1% / 1984年(昭和59年)第35回
*第22回と同率
松田聖子と郷ひろみ、中森明菜と近藤真彦の2大カップルを、曲間の
ステージで意味ありげに競演させるなど、この年はNHKらしくないミー
ハーな演出が行われ話題になった。大トリの都はるみ登場時の瞬間
最高視聴率は84.4%。
【4位】 78.1% / 1971年(昭和46年)第22回
*第35回と同率
司会は紅組 水前寺清子 白組 宮田輝アナウンサー。
五木ひろしが「よこはま・たそがれ」で初出場。
12月に挙式を挙げたばかりだった坂本九が「この世のある限り」を歌
った際、妻の柏木由紀子がゲスト出演し白組全員に二人が囲まれる
形の演出を行う。
【4位】 78.1% / 1965年(昭和40年)第16回
*第22回、第35回と同率
司会は紅組 林美智子 白組 宮田輝アナウンサー。
朝ドラのヒロイン経験者が紅白の司会を務めるのは史上初の出来事
であった。当時はまだ男女混合グループの出場が認められておらず、
白組出場の和田弘とマヒナ・スターズの「愛して愛して愛しちゃったの
よ」は女性ボーカルの田代美代子抜きで歌った。
ジャニーズ(かつてジャニーズ事務所から最初にデビューを飾った日本
のアイドルグループ)が出場し、『マック・ザ・ナイフ』という曲を披露した。
【7位】 77.0% / 1979年(昭和54年)第30回
*第21、28回と同率
司会は紅組 水前寺清子 白組 山川静夫アナウンサー
サザンオールスターズが初出場
小林幸子が「おもいで酒」で初出場。衣装も1990年代 – 2010年代初頭
の「豪華衣装」とは違ってシンプルだった。
さだまさしの「関白宣言」は曲が長く、困った紅白スタッフは特別出演す
るひばりに相談。全歌詞を読んだひばりの「これは切れないわね」とい
う意見にスタッフは従い、さだはフルコーラスを熱唱した。
松山千春・南こうせつ・アリスらが出場辞退した。
【7位】 77.0% / 1970年(昭和45年)第21回
*第28,30回と同率
司会に美空ひばりが起用される。
和田アキ子が『笑って許して』で初出場を果たす。
藤圭子はこの年、 「圭子の夢は夜ひらく」が発売され、オリコンシングル
チャートで10週連続1位を獲得する大ヒット。
レコード大賞大衆賞を受賞。NHK紅白歌合戦に初出場。
初出場した辺見マリは、大ヒット曲「経験」の歌詞がNHKの内部規則に
抵触するため歌唱できず、続いてヒットした「私生活」を歌った。
【7位】 77.0% / 1977年(昭和52年)第28回
*第21,30回と同率
テレビでのモノラル音声放送は今回が最後になった。
ピンク・レディーが初出場で大きな話題に。
石川さゆりも「津軽海峡・冬景色」で初出場。
沢田研二はレコード大賞受賞曲「勝手にしやがれ」を熱唱した。
この年多数芸能人が覚醒剤・大麻使用で逮捕されるという事態が発生。
本紅白にも影響が及び、出場歌手・司会者選出も慎重に行われた。
1977年は、芸能界の麻薬汚染が一気に注目された年だった。
大麻(マリファナ)使用による主な逮捕者は次の通り。
(カッコ内は当時の年齢)
1977年8月ジョー山中(30)
1977年9月井上陽水(29)
1977年9月内田裕也(37)
1977年9月研ナオコ(24)
1977年9月内藤やす子(27)
1977年9月桑名正博(24)
1977年10月にしきのあきら(28)
1977年10月美川憲一(33)
1977年11月上田正樹(28)
【10位】 76.9% / 1968年(昭和43年)第19回
両軍司会は水前寺清子・坂本九が担当。総合司会を宮田輝が務めた。
ムード・コーラス・グループが流行し、黒沢明とロス・プリモス、
鶴岡雅義と東京ロマンチカ、ピンキーとキラーズなどが初出場。
森進一、美川憲一、千昌夫も初登場した。
「まとめ」より抜粋
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

1968(昭和43)年の第19回紅白歌合戦のカラー映像はどこに保存されているのでしょう…


宮田清子/閲覧:565回/回答:2回
1968(昭和43)年の第19回紅白歌合戦のカラー映像はどこに保存されているのでしょうか
ピンキーとキラーズや美空ひばりさんや都はるみさんを鮮やかにみたいものですう


ベストアンサー


まず大前提、個人蔵のフィルムやテープは、NHKに所有権を移転しないとアーカイブスで、保管・修復できない。紅白のモノクロVTRも、NHKに提供される前は「宮田輝蔵」とテロップされていた
第19回紅白のカラーの現存映像はキネコ(フィルム映像)で記録されたものであり、これはNHKの外部に現存しているものとされている。(中略)しかし、保存状態は悪く、傷や劣化部分が多い。また、完全版であるかどうかは不明である。Wikiも推論
ただ、Wikiにある、紅白の電リク特番でこの回の白黒映像が紹介された際に、ゲストの水前寺清子(当時の紅組司会)が「(この回の)カラー映像も残っておるんですけど」と発言していたが、このカラー映像についての話であると考えられる。は、Wikiの間違い。これは、1965年第16回紅白に、一部カラーのテープが残っていて『あなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白!』司会の水前寺がゲストの三沢あけみに「残っておるんですけど」と発言したもの。第16回に初出場の水前寺は、自身の歌う『涙を抱いた渡り鳥』のカラー映像が、たびたび紹介されるので、16回紅組トップバッター三沢『アリューシャン小唄』のカラーもあると推測。
以下NHKアーカイブスのホームページより抜粋。無事、カラー再生された『第16回紅白歌合戦』がデジタルテープになって帰ってまいりました。しかし!残念なことに、このテープ、「編集済み」だったのです!
坂本九や植木等やザ・ピーナッツなどがまるまるカットされていました。
2時間45分の番組だったのに、テープの長さは1時間40分。誰が何のために、このような「短縮版」を制作したのかは、今となっては永遠の謎です。カラーが残っているという水前寺の推測は、半分正しかった。
第19回にもどるが、キネコに残しそうな、歌手・審査員・応援ゲストは、美空ひばり・鈴木俊一(日本万国博協会事務総長)・三船敏郎・前田武彦・林家三平…ひばりと三平の遺族は、アーカイブスに積極的協力。となる独立行政法人日本万国博覧会記念機構か、世界のミフネの著作権を管理する三船プロか?
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

水前寺清子オフィシャルブログ「Chitaオフィシャルブログ」by Amebaより抜粋


宮田清子/閲覧:146回/回答:1回
水前寺清子オフィシャルブログ「Chitaオフィシャルブログ」by Amebaより抜粋
2011/12/05
紅白は ずいぶん前に自分の中では卒業しています ~昭和の紅白って大晦日に向かってお正月からみんなヒット曲目指して ヨーイ・ドン良い意味の競争思えばあの時代のNHKさんには、ずいぶん可愛がって頂きました。何も無い年でも応援団長・宮田輝さんは特に可愛がって下さいました
守ってもらってるから余計に……ヒット曲も無いのに出場!は辛く・・大晦日が近づくと出場歌手の皆んなが どう思ってるだろう~どんな顔をしてたら良いだろう …そんな事ばかり思っていました
そんな気持ちだったあの頃の大晦日…懐かしいです。そんな私がもう一度出場~返り咲き なんて厚かましい気持ちはありません 振り返れば~ 私は一番良い時代に出して頂いて、ありがたかったですし たくさんの思い出を頂いたし・やっぱり最高に幸せな歌い手ですね~。
ということで、チータは、紅白卒業宣言してます。
質問は、もしKさんが、結婚をきっかけに日本国籍を取得しても、紅白歌合戦の出場は、ダメですか?
補足1999年紅白が50回を迎えた時のインタビューでは「今ではテレビで見る立場になってしまいましたが、お声がかかったり時代の流れに乗ればいつでも出るし待ってます」とコメント。“卒業”という言葉を使ったのは、このブログが、最初だと思う。


ベストアンサー


そうですか!
卒業宣言ですか……。
もし御存知でしたら、何年辺りの卒業宣言なのかを教えて下さい。
チータには悪いが、出場が厳しくなってからの卒業宣言も多い世界なので。
では、本題。
結婚して直ぐの日本国籍取得は難しいので、将来のコトとして返答します。
一向に構わないと思います。
錦野旦(にしきのあきら)が言っていたとおり、「在日朝鮮人無しには、NHK紅白は成り立たない)という現実があり、帰化後でなくとも、出られる筈ですが、帰化後の方がスッキリしているとも言えますね。
NHKとしても、関根麻里&Kの二人を、日韓関係の修復に役立てたいと思っているでしょうから、可能性が高い話と思えます。
二人の間の子ならば、申し分無しと言えますが、これは随分と先の話ですね。
でも、現実は厳しいかな。
NHKの韓ドラ枠も消えました。
『冬のソナタ』のペ-ヨンジュン(整形捏造キレイ顔!元八百屋の店員)を利用した捏造ブームも、すっかり萎(しぼ)んでしまった今なんです。
関根麻里と関根勤パパの司会者関連の起用(テリー伊藤の紅白応援隊の亜種等)を重ねた後、ソコソコ売れて来たKをNHK歌謡コンサート(や、テレ東の木8等)で上手く売り込みたい。
但し、来年は、日韓基本条約締結から、半世紀(50年)の節目の年なので、荒技が見られるかもしれませんよね!
ちなみに、危険パチンコRITZのCMでお馴染みの沢口靖子は、この日韓基本条約締結の年に生まれています。
そうすると、NHK朝ドラ-『澪つくし』の古川かをる、のその後という形で、1965年生まれの沢口靖子の登場もあるかもしれません!
堤義明パパと二人で、堂々とNHK紅白に登場する沢口靖子?!
膳場貴子を上回る大横綱の土俵入りは、雲竜型?
それとも、不知火型?
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

紅白歌合戦。歴代の紅組司会者の中で、際立って上手だったのは、誰ですか?


宮田清子/閲覧:146回/回答:2回
紅白歌合戦。歴代の紅組司会者の中で、際立って上手だったのは、誰ですか?
私は仲間由紀恵さんが好きです。


ベストアンサー


少なくとも「平成の紅白」は評価に値しません。よくて80年代初頭までとしておきます。NHKに現存する紅白の映像で80年代初頭まで紅組の司会をつとめたのが江利チエミ、ペギー葉山、九重佑三子、水前寺清子、伊東ゆかり、美空ひばり、佐良直美、森光子に黒柳徹子。よくて森昌子まで。
個人的な見解ですが、司会がうまかったのは水前寺清子と佐良直美が双璧ですね。宮田輝アナとの相性ならばチータ、山川静夫アナならば佐良直美でしょうか。
個人的には宮田輝VS黒柳徹子が見たかった…。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

昨日のNHKの紅白の特番で、昭和43年の映像が白黒で、昭和40年がカラーとい…


宮田清子/閲覧:377回/回答:1回
昨日のNHKの紅白の特番で、昭和43年の映像が白黒で、昭和40年がカラーというのがありました。まだ常時カラー放送ではない時代だったのでしょうか?
ただ、昭和40年の画像の色が何とも不自然な気がしたのですが。
すとろべりーみるく


ベストアンサー


少々、ややこしくなります。紅白歌合戦のカラー放送が始まったのが、1964年(昭和39年)第15回から。しかし、NHKがマスター用のビデオテープに公式保存するようになったのは、1972年(昭和47年)第23回からなのです。つまり、第15回から第22回までの映像は、ミスター白組司会の宮田輝氏の個人蔵のVTRとか、生放送を撮影した16ミリフィルムとか、さまざま素材を取り寄せ修復し、アーカイブ化したものです。(昨日の番組でも、フィルム上映会で見た紅白の加山雄三さんの話をディーブ・スペクターさんがしてました。)
色ムラなどは、元の素材の劣化が原因です。『思い出の紅白歌合戦』と題し、1960年代の紅白を、BSで再放送しましたが、中尾ミエさんの歌っているとき静止画、音声だけになったことがあります。紅白はラジオと同時放送なんで、テレビの画像に、ラジオの音声を合わせたのでしょう。アーカイブスの技術って、すごいんです。
1965年(昭和40年)第16回も、全編ではなく、一部カラーで保存されたものを、アーカイブ化し、PR番組等で放送しています。
「はじめて見ました。でも(第16回は)白黒なんですね」「実はカラーもあるんすよ」
『アリューシャン小唄』の映像を見た三沢あけみさんに、この回初出場水前寺清子さんが、PR番組で解説したこともありました。チータの『涙を抱いた渡り鳥』は、カラー映像が残っていて、三沢さんに罪悪感を持ってしまったのかもしれません。ただ、第16回の会場・東京宝塚劇場に派遣した中継車のものとみられる、全編カラーのビデオテープが発見されたとニュースになり、現在修復中のようです。
モノクロ映像をカラー化する技術もあるのですが、とっても高価で、DVDソフトなど二次使用を前提としないと採算が合いません。
しかし、権利関係が複雑な紅白では、まず無理でしょう。
第15回から第22回の鮮明なカラーテープが発見されることこそ、紅白ファンの願いなのです。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


悪くないな^^
ゲテモノ趣味にしてもみんな現役風俗嬢らしくテクに見るべきものあって悪くはない。
清子はさすが百戦錬磨の腰使いでこっとも勃起させてくれる。生中だしを謳ってる割にはゴム着用バレバレはご愛嬌^^もう生理もないんだから堂々と豪快に中だしすれば「非常に良い」だったけど・・・・お互い怖かったら事前に血液検査証明書出すんじゃないのか?こういう世界は!出しておいて妊娠させて!とか言う台詞吐かせたほうがリアルで面白かったろうに残念。 それとお婆ちゃんと孫の風俗みたいな設定(スルーしてるから見てない)みたいだが、3,40年下の若い恋人に夢中の色狂いの藤田憲子風に描いたほうが引き込まれやすかったのに。陽子は他もそうだがテレが入ってるからインタビューとかがつまらないから不要、むしろ阿部ちゃんが共演ならいきなりドラマ風でレイプされる上品な人妻辺りやらせたほうが狂喜していく陽子の本性出せたんじゃないの?聡子で抜けた。